研修地

アメリカ カリフォルニア州、ロサンゼルス近郊

研修内容

(ニーズに合わせてカスタマイズ可能)

アメリカで看護研修を行うメリットは?

​=「看護師がここまで活躍できる」現場を体感!

アメリカでは、看護師が医療チームリーダー

病院入院患者に対し、看護師が常在しない医師の代わりにアセスメントを実施し、看護診断を立て、医師の監督の元に看護ケアの実践を行います。

ナース・プラクティショナーやクリニカルナーススペシャリストなど上級看護師が活躍

医師の監督下で診断・処方ができ、医師を補うナース・プラクティショナーや、スタッフ教育・リサーチを専門的に行うクリ二カルナーススペシャリストが活躍しています。

生の声を聴き、仕事の喜び・大変さ、充実感をしっかり感じ取ることができます。

​研修プログラムのメリット

日米両方の正看護師ライセンスを持ち、UCLA大学病院で長年の勤務経験のあるナースプラクティショナーによる日米看護比較の講義。 

業務内容・医療チーム内での連携を症例を使って分りやすく説明。

全米看護協会から「最高の看護ケアを提供する病院」と認められたマグネット認定病院を見学し、看護のベストケアを提供するシステムを現場看護師からしっかり学べる。

看護大学のシュミレーションラボで、アメリカ人学生と一緒に実習体験!クラス後の反省会で教授からの改善点の指摘を受け、スキルアップ。

ナーシングホームで患者様に対するボランティアや、看護大学での学生との交流セッション。 英語に自信がなくても、現地日本人スタッフがしっかりサポートするので安心。

病院視察の前に、米国と日本の病院の比較、医療保険制度などのバックグラウンドを日本語でしっかり予習、現場スタッフの話がよく理解できる。通訳もとても分りやすいと評判。

予算とニーズに合わせて、日程や研修内容を自由にアレンジ可能。
研修終了後には、アメリカ看護研修修了書がもらえます。 

研修メニュー一覧

看護研修
薬学研修
リハビリ研修
​社会福祉/介護福祉研修
その他対応学科
​(アスレチックトレーナー、救急救命、臨床工学、歯科衛生、管理栄養、他)
genshoku_kochira.png

Copyright © Millennia Consultants, LLC. All Rights Reserved.