研修地

アメリカ カリフォルニア州、ロサンゼルス近郊

研修内容

(ニーズに合わせてカスタマイズ可能)

アメリカで薬学研修を行うメリットは?
=PharmD(薬学博士)が必要なアメリカの薬剤師
「高い権限、専門性のある米国薬剤師」の活躍現場を体感!

医師とパートナー関係を保つ薬剤師

アメリカでは薬剤部門での分業化が進み、調剤業務は調剤テクニシャンが実施し、薬剤師の業務は処方設計、処方適切性の監視や調剤業務の監督、医師・看護師へアドバイザーとしての役割が中心となります。

学生インターンの現場での活躍

アメリカの学生インターンは薬剤師の監督下、薬剤の確認・変更から服薬指導まで、ほぼ薬剤師と同等の業務を行えます。

生の声を聴き、仕事の喜び・大変さ、充実感をしっかり感じ取ることができます。

​研修プログラムのメリット

大手急性期病院、地域調剤薬局、スペシャリティファーマシーなど様々な現場を視察し、それぞれの現場で薬剤師にじっくり話を聞くことができる。 薬剤師による講義で、更に深く現場の業務実態を理解。

自動化ロボットシステムや指紋認識システムを導入した配薬カートシステムなど、投薬の安全性を高める先端技術を紹介。 

現地のインターン薬学生、新人薬剤師とのディスカッションを通じての交流セッション。 英語に自信がなくても、現地日本人スタッフがしっかりサポートするので安心。

病院視察の前に、米国と日本の薬剤システムの比較、医療保険制度などのバックグラウンドを日本語でしっかり予習、現場スタッフの話がよく理解できる。通訳もとても分りやすいと評判。

予算とニーズに合わせて、日程や研修内容を自由にアレンジ可能。

研修終了後には、アメリカ薬学研修修了書がもらえます。 

研修メニュー一覧

看護研修
薬学研修
リハビリ研修
​社会福祉/介護福祉研修
その他対応学科
​(アスレチックトレーナー、救急救命、臨床工学、歯科衛生、管理栄養、他)
genshoku_kochira.png

Copyright © Millennia Consultants, LLC. All Rights Reserved.